Press "Enter" to skip to content

急に高熱が出たとき気をつけたい病気


小さい子供の急な発熱、よくありますね。しかしそれが高熱だった場合、何か悪い病気じゃないかと不安になるものです。熱が出るときは何らかの病気が原因になっていることが多いため、早期の発見と治療が肝心です。
ここでは高熱の原因となる病気についてまとめました。

高熱が出る原因ってどんなもの?

小さい子供は大人に比べ体温が高く、発熱時も熱が高くなりやすい傾向にあります。幼児の体温は通常、脇の下で測ったときに37.5度ほどあり、平熱より1度以上高くなると発熱と判断されます。大人になると平熱が36度を下回る人もいるので、大人の感覚で「高熱」と思っても子供にとっては意外とそうでもないという場合があるのです。
とはいえ、子供にとっては熱でつらいことに違いはありません。幼児の高熱の仕組みについてははっきりと解明されておらず、「知恵熱」のように特に病気でなくても高熱が出てすっと下がってしまうケースもあります。
しかし、一般的に発熱はウイルスや細菌の増殖を抑えていることがわかっており、何らかの病気のサインと考えられることがほとんどです。
高熱の中には脳に異常をきたす病気が原因であるものがあり、脳炎・脳症・髄膜炎といったものが挙げられます。また、風邪やインフルエンザが原因で高熱が出ることもあります。高熱が続くときは、川崎病などの可能性もあります。

高熱が出たときに注意したいこと

乳幼児では夕方から夜間に高熱が出るケースが多くあります。一気に40度近くまで上がることも珍しくなく、中には40度を超える熱が出る子供もいます。しかし、気をつけたいのは、高熱が出たからといってすぐに医療機関を受診する必要は必ずしもないということです。夜間救急は混み合うことが多く、待ち時間も長くなります。
高熱の子供を無理に連れ出しても、他の病気をもらってきたり症状が悪化したりする可能性があるため、翌日まで待ってから医療機関を受診しても良いかもしれません。ただし、意識がもうろうとしている、水分が摂れない、顔色が悪いといった症状がみられる場合は、夜間救急を受診しましょう。

高熱が出たときは、まず全身状態をチェック!

子供の高熱によって、大人もパニックになりがちです。まずは落ち着いて、子供の状態をよく観察することが大切です。熱のほかに嘔吐や下痢、咳や鼻水といった症状はないかどうか。痛いところやいつもと違うところはないかどうかなど、子供に声かけをしながら確認していきましょう。
乳幼児の場合は発熱とともに痙攣が起こる「熱性痙攣」が起こることがあります。多くの場合は心配ありませんが、まれに髄膜炎や脳炎が原因になっていることもあるので、不安なときは医療機関を受診しましょう。
時間帯や子供の状態によっては、すぐに病院に行かなくても大丈夫です。水分補給を行い、温かくして安静に過ごすようにしましょう。発熱後すぐは病気の診断が難しいので、少し時間をおいてからの方が正確な診断がつくこともあるのです。

参照

かめさきこども・アレルギークリニック