Press "Enter" to skip to content

鼻水が出るとき注意したい、中耳炎ってどんな病気?


小さい子供はまだ免疫力が弱く、気候や気温の変化ですぐに風邪をひいてしまいます。気がつくと鼻水が垂れていた、なんてこともしばしばですが、鼻水が出ているときは中耳炎に注意しなくてはいけません。
ここでは、中耳炎の基礎知識をご紹介します。

中耳炎ってどんな病気?

中耳炎は、風邪をきっかけに鼓膜の奥に菌が入り込み膿が溜まる、耳の病気です。「中耳」というのは鼓膜の奥にある空間のことで、鼻の奥と耳管でつながっています。鼻水が出るときや鼻の通りが悪いときは菌が繁殖しやすく、増えた菌が耳へ入って中耳炎を引き起こします。つまり、鼻づまりと中耳炎はセットで起こりやすいのです。乳幼児は大人と比べて耳管が短く水平に近い状態なので、菌が耳に入り込みやすい構造です。そのため、1歳になるまでにほぼ全ての子が一度は中耳炎になるといわれています。ただし、気がつかずに治るケースもあります。未就学児のうちは何度も中耳炎にかかりやすく、風邪を引くたびに中耳炎になる子供も珍しくありません。鼻水が出る、耳に違和感があるといった場合は、早めに耳鼻科を受診することをおすすめします。

中耳炎のつらい症状とケア方法

中耳炎の特徴は、急に腫れてゆっくりと治ることです。ほんの数時間前までなんともなかったのに、急に痛みが起きて子供が泣き出すというケースが少なくありません。耳の下や後ろのあたりが痛いと訴えるケースが多く、熱が出る場合も多くあります。ただし、これらの症状はだいたい一晩で治まることがほとんどで、長くても2~3日のうちには症状が落ち着いてきます。

痛みがなくなったからといって、中耳炎が治ったわけではありません。鼓膜の奥には膿が残っていて、少しずつ抜けていきます。このとき、鼓膜に穴が開いてそこから膿が出てくることもあります。
「耳だれ」といって耳の穴から膿が排出され、耳の周りに汚れが付着しやすくなります。
耳だれみられる場合は、耳の周りについた膿だけ拭き取るようにしましょう。耳の中は触らないようにして、耳鼻科で必要と判断した場合だけ膿を吸ってもらうケースもあります。
鼻水が多いときや耳の痛みを訴えるときは、中耳炎を疑う必要があります。早めに専門医を受診し、鼻水を吸ってもらったり必要に応じて痛み止めや抗生物質を処方してもらったりしてケアしていきます。
耳の奥の状態をしっかり観察していく必要があるため、医師から完治の判断をもらえるまではきっちり通院することが大切です。

参照

アステラス製薬
三鷹台ヒルズクリニック