Press "Enter" to skip to content

何度もかかることがある「溶連菌感染症」ってどんな病気?


溶連菌感染症は、乳幼児がよくかかる病気の一つです。一度かかっても何度もかかることがあり、完治までに時間がかかる病気です。
ここでは溶連菌感染症の基礎知識をご紹介します。

溶連菌感染症ってどんな病気?

溶連菌感染症は細菌感染症の一種で、集団生活の場で流行しやすい病気です。菌が主に喉に感染して咽頭炎や扁桃炎、猩紅熱を引き起こします。主な症状は高熱(38~39℃)、喉の痛み、「イチゴ舌」です。
「イチゴ舌」というのは、舌にイチゴのようなブツブツができる症状のことをいいます。喉の痛みや急な発熱がみられたら、医療機関を受診しましょう。

医師によって溶連菌の感染が疑われた場合は、喉の細菌検査が行われます。
綿棒で喉の粘膜を少量取り、菌の有無を調べるという検査で、子供には痛みなどなく5~10分ほどで結果が出ます。

溶連菌感染症のケア方法とは?

溶連菌感染症の治療では、主に抗生物質が使用されます。ペニシリン系の薬剤投与が基本となり、薬を飲み始めて2~3日ほどすると症状が治まってきます。
しかし、菌がしっかり除菌されていないと再発の可能性があるほか、腎臓に菌が入り込むと腎炎を引き起こす恐れがあります。
このため、処方された薬は医師の指示通りの用法・用量を守ってきちんと飲みきるようにしましょう。

自宅でのケア方法

溶連菌感染症は、基本的には自宅で安静に過ごすことで自然に治っていきます。
喉の痛みや腫れが強く出ると食事がつらくなるため、口当たりの良いものや喉ごしの良い食べ物を摂るようにしましょう。
消化の良い食事と水分補給に気をつけて、安静に過ごすことがポイントです。

熱があるときは安静に過ごし、他の人との接触は避けるようにしましょう。熱が下がり元気があれば、入浴をしても大丈夫です。
また、薬を飲み始めて24時間が経過すれば感染力が下がるので、登園や登校しても問題ありません。

ただし、周囲に移さないよう配慮が必要です。
飛沫感染や経口感染によってうつるため、食器やタオルを兼用しない、マスクを着用して細菌が広がらないようにするといったことに気をつけましょう。
熱によって体力が低下しているときは、無理に登園・登校しないようにしましょう。

溶連菌感染症は一年を通してかかりやすい病気

溶連菌は冬場に流行しやすいといわれていますが、一年を通して感染する可能性のある細菌です。
一度流行すると集団生活の場であっという間に広がってしまうため、常に感染予防を心がけておく必要があります。
急な発熱や喉の痛みという症状から、かかり始めは風邪と勘違いする人も多く、これによって感染が拡大しやすいという一面もあります。

また、子供だけでなく大人もかかる病気ですが、大人がかかった場合は症状が出にくいといわれています。
そのため、気がつかないうちに家族や子供にうつしてしまうこともあるのです。
もしかして、と思ったら早めに医療機関を受診すること、流行時期は念入りに予防することで、溶連菌感染症にかからないようにしましょう。

参照

藤森小児科